おいしい生き方-キノッポ編-

絶体絶命の危機を3度奇跡的に乗り越え今度は直腸がん!しかしこれまたラッキーの始まり、はじまり~♪

手にかく大汗を何とか止めたい!

汗との格闘、毎日お疲れ様です。
今回は手汗について原因や対処法を考えてみましょう。

特に手に汗をたくさんかいてしまう、ほとんど手にしか汗をかかない、・・~等々で悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

f:id:tp315:20180225152618j:plain

手の汗が何故か止まらない。
いつもハンカチやタオルを握りしめている。
恥ずかしくて、彼氏と手なんか繋げない。

😒会社で書類などが汗でベタベタになり恥ずかしい。デスクも汗がたまってる(_□_;)!!
気にしだすと余計に汗が止まらないみたい…。。

そんなストレスがたまる毎日。
特にここ一番!という大事な時や、目立つシチュエーションの場面になると手汗が滝のよう。。困っちゃう!


なんて、心は正反対に砂漠のようにカラカラと乾燥しているのではありませんか?
どうやら精神的な要因も大きいと思われる手汗の原因について、まずさぐっていきましょう。

f:id:tp315:20180225155051j:plain

前回の「顔汗」についての記事はこちら。
お化粧崩れも止まらない貴女、必見です(゚ー☆)

↓<今日のメニュー>(興味ないところはスルーしてね)↓

 手の汗が止まらない原因とは?

人間の体には頭のてっぺんからつま先までたくさんの汗腺があります。
まさしく幹線道路ならぬ汗腺ロード状態です。

😒当然、そこには渋滞も起きますし事故などにより通行禁止にもなります。
国道、県道、環状線いろいろ複雑にからまり、環境によって様々な交通状態が存在します。

特に都市部に幹線道路は密集しがちです。
自然渋滞のほか、道路工事や事故による片側通行による渋滞もあれば、一時閉鎖する道路もあり中々スムーズに運行できません。

😰何言ってんだチミは!?

と思われたかもしれませんが、体内を無数に駆け巡る汗腺も同じようなものと例えて表現しています。ごめんなさいね(*^.^*)ワケわからんコト言って

😒特に都市部に集中する幹線(汗腺)道路は”手や足”のようなもの、と思ってください。
汗腺が集中している手や足は、ストレス(渋滞)や不安・緊張(事故)で汗をかきやすくなります。
脳がそういう指令をだしてしまうんですね。

f:id:tp315:20180225180346j:plain

 手汗にも2つのタイプがある

この、ストレスや緊張が引き金となり、運動もしてないのに発汗をともなうのは「精神性発汗」と言えるでしょう。

😒もう一つの汗かき現象は体温調節によるもの。
夏場など暑い季節や、サウナや温泉につかっていると誰でも汗をかきますよね。
火照った体を冷やすために汗をかいて、体温調節をする。

これが「温熱性発汗」です。

手汗の原因となるのは「精神性発汗」の要因によるものです。
ストレスや緊張、不安などが脳に刺激を与える。

つまり、自律神経系が普通の人より活発に作動してしまうことが手汗を大量にかく、主な原因と考えられます。
(※病気や重大な疾患であることを除いて)

コンピューター(脳)が誤作動しやすい傾向の体質といえばわかりやすいかも。
交感神経系が過剰に作動して発汗を促す。⇒
そして副交感神経系が発汗を止める信号をナゼか流さない(流せない)

f:id:tp315:20180225185939j:plain

😒そのように設定されてしまったコンピューター回路が、特に手に誤指令を送るようなパターンになっている。

そのようなイメージだと思います。
それが人によっては、手であったりワキであったり、頭や足であったりするのでしょう。

 

つまり、手汗をかく大きな理由として

心の乱れ・緊張が手汗の原因

ということが言えると思います。

f:id:tp315:20180225183138j:plain

心の問題というコトになると、手汗のケア方法はどうなるのでしょうか。
精神的な問題というものは、そう簡単に治らないと思うのが一般的ですよね。

 😒でも、ここで、あまりにも深刻に考えすぎるのも良くありませんヨ。
それこそストレスが増長する可能性だってありますから。

精神的な問題と言っても、人より多少”緊張しい”な性格ぐらいのもの、とポジティブに行動しましょう。

誰だって、汗はかくんです。
よくテレビなどのスポーツ観戦の実況などで言ってますよね。

「手に汗握る展開になってまいりました!!」

誰でも、そうなんです。
私なんか、高所恐怖症なので飛行機に乗ると手にビッショリ手汗をかきます。
ちょっと信じられないぐらいビックリするほどですよ(゚∇゚ ;)アセアセアセ

なので、

場違いなカウンセリングを受けるとか、怪しいセミナーを受講するとかでマインドを鍛える
的なことは一切やめましょう!

 

😒貴重な時間とお金がもったいないかもです。
それなら自分の言霊にささるような本を読む、とかでも十分です。
要は精神論なので、一歩間違えばとんでもない世界へサヨウナラになりますからね。

f:id:tp315:20180226102050p:plain

では、どう手汗ケアをすればよいのか。

手汗を改善するケア方法

前述の通り、身体の内部、それも”こころ”=精神的な面での改善策は矛先を間違えればあっちの世界に行ってしまいがちですし、何よりもやり方が難しいですよね。

😒癒しの安定を求める効果でアロマやハーブという対策法もあります。
ただ、いざというとき突発的に緊張が押し寄せて汗をかくというパターンが悩みの現状だと思います。

おそらく、普段からの癒し対策が継続してリラックス効果を生むかは微妙です。
誰でも緊張するときは、しますからね。

それでは、内部からが難しいなら外部対策はどうでしょう。
汗かきの人ならタオルやハンカチ、手ぬぐいなどは必需品グッズとして携行されてると思います。

手汗の対症療法を考えてみよう
「対症療法」= 病気そのものの原因に対してではなく、その症状を軽減するための治療法。自然治癒能力を高めながら治癒も促進する療法。


汗をぬぐうハンカチなどは必需品です。
無いと余計にあせりますよね💦

汗が拭きとれない、どうしよう!という軽いパニック症状みたいなものが起こり、余計に汗が止まりません((((((ノ゚⊿゚)ノ!それは、それはこまる!

並行して対策したいのは制汗グッズです。

汗を出にくく、うまくお肌をコントロールできれば精神的にも、かなり安心できます。
手汗専用に開発されたクリームやパウダー、ジェルなどが良いでしょう。

f:id:tp315:20180226141956j:plain

ナゼ、専用が良いかというと

😒汗をかく場所に応じて、お肌の質や毛穴の状態、汗のかきかた、流れ方、汗の成分などが違うからです。

一般市販品は、コストや広告費などの関係で添加物なども多く成分に混合されているため、安心・安全とは中々いいがたいのが現況です。
また、顔汗用、手汗用と専門に開発されておらず一色淡に「制汗剤」の括(くく)りをされている製品がほとんどです。

評判や口コミが良い制汗グッズも実際に試してみないと何とも言えません。
比較してレビューをした、こちらの記事も参考になるかと思います。

f:id:tp315:20180226142851j:plain

手汗をとにかく早く、速攻で何とかしたい!
と言う場合はこのような制汗剤に頼るのが最も近道で効果も実感できると思います。

早ければ、塗布してすぐに。
あるいは、3日~1週間ぐらいで徐々に制汗効果も高まる人が多いようです。

 

その他の手汗対策

自分でできる手汗対策ポイントがいくつかあります。

・手汗を抑えるツボを刺激する。

・腹式呼吸やヨガ体操で顔汗ケア。

・食事の改善による顔汗対策

・顔汗の開き直り?対策


などなど、
ちょっとメンドイかもしれませんが、お金もかからず地道に実践できますヨ♪
制汗剤との併用サポートにもどうぞ。
こちらの記事に詳細の説明を書いています。

☆彡⇒手汗を止める豆知識 | 

f:id:tp315:20180226152116j:plain

あとがき

量販店で手軽に購入できる、一般市販品の制汗剤グッズの効果はイマイチと書きました。
ワキガ強でもある私が以前使用していた、消臭剤グッズのはなしです。
クリームだのスプレータイプのものをとっかえひっかえ使用していましたが、これは大きな問題点がありました。

確かに、塗布した一瞬は消臭する感じがします。
しかし、時間が経過した後は”ニオイの呼び起こし”が酷くて使用前よりワキガ臭が酷くなりました。

😰重ね塗りを繰り返すほどに悪臭が増す感じです。
やはり、強い香料と消臭成分、化学合成したモノはお肌に悪い化学反応を起こすようです。

同じようなことが制汗剤にも言えると思います。
やはり、しかるべき天然由来の有効成分をふんだんに使用し、汗止め専用に開発された商品は値段は少々高いですが長い目で見るとコスパにも優れています。
(無駄な買い物の遠回りがない分)

毛穴をボンドで強制的にふさぐような代物では、お肌にも健康にも良いわけがありません( ̄‥ ̄)=3

 

 

今後も手汗に効果的な商品を試し、紹介できるような品質であればレビューを書きたいと思います。それではまた(o^∇^o)ノ

 

 

 

おいしい生き方-キノッポ編-
-もくじ-