おいしい生き方-キノッポ編-

絶体絶命の危機を3度奇跡的に乗り越え今度は直腸がん!しかしこれまたラッキーの始まり、はじまり~♪

生きててラッキーだったことを教えて③-(2)

こんにちはキノッポです。
3回目のラッキーな出来事その⑵では人生そのものを変えてしまう大変なことが起こります。

前回の記事はこちら↓

 バンド仲間からは「こっちの仕事荒らさないでよ、そっちでやってりゃいいじゃん」
なんて、冷たくあしらわれた東京へ再び帰りました。

f:id:tp315:20171215195259j:plain

 

▶東京は再び受け入れてくれるのか?


私よりも妻が特にそうなのですが、吉祥寺と言う街が大好きです。今まで吉祥寺の中だけで4回引っ越しています。

人気の街だけに家賃相場は少々高め。
しかし、今回は気持ちも新たに覚悟を決めて(いつもそればかり*1)東京に帰ってきました。

絶対に何とか音楽で食ってやる!
そんな気持ちと意志を行動で表し実現する意味でも少し無理して吉祥寺にマンションを借りたんです。

冷たくあしらわれるのは覚悟の上です。
「またかよ~、もう帰ってこなくていいよー」
そんな風になじられながら知人に仲間に、先輩に連絡を取りました。
そして、ほぼ毎日のように演奏している現場に顔を出し、吹かせてもらったり、飲み会の現場にも顔を出したり、情報収集と自分の売り込みをしました。

しかし、この業界の冷え込み方は予想以上の厳しさがありました。
2ヶ月ちょっと、そんな活動を繰り返す中、多少の仕事も入ってはきました。
でも、こんな程度の仕事量ではバイトを掛け持ちしても生活は厳しいです。

やはり、前回のようなバブリーな奇跡は起きないのかな?
不安で落ち込むのは慣れているものの、今回は少し事情が違う理由があります。

f:id:tp315:20171216190146j:plain

▶気付かないうちに壊れてしまった奏法

それは、長年テーマパーク(屋外)で、でっかい音で吹きまくることにより悪い癖がついてしまったことです。


しかも音質的にも割れまくり、汚い音になっていることに自身が気がついてなかった。
これは、多くの人に指摘をされて、ようやくわかったんです。

この悪い癖は容易には治らないんです。
ちょっとショックでしたが気を取り直し、そこは練習を重ねることにより少しずつカバーしていくしかありません。
それにしても、そのスタジオ代も馬鹿になりません。

以前も話しましたが、ラッパは毎日吹いてナンボの世界。
個人練習だけでもダメ、どこか現場(夜店と言ってキャバレーやダンスホールのバンドへ行き吹かせてもらう)で3日に1回はステージで慣らさないと調子が維持すらできません。

そうこうして3か月もたつと、そろそろ生活する収入を確保しないとやばくなってきました。
最初は応援していた妻も鬼のような形相になります。


そりゃそうですよね、カスミ食って生きていくわけにはいきません。
バイト掛け持ちとか生半可なこと言っている場合でもなくなりました。


しかるべき収入がなければ家賃も払えない。
大好きなこの街ともオサラバしなければならないのも情けない。

f:id:tp315:20171216190419j:plain

取り急ぎ、派遣登録し時給の良いバイトを片っ端からやりました。
スーツ着てプラカード持ってただけなのに、コワモテの人に腕つかまれ事務所連れていかれ監禁されたりΣ(|||▽||| )

怖いこと、悲しいことがたくさん想い出にあります。
そんなある日のこと。
妻が、就職情報雑誌のあるページを「これはどう?」って俺に見せます。

▶40過ぎて初めての「サラリーマン」という展開

それは、とある通信会社の営業職です。
営業なんて、やったこともないし自分にはムリ、向いてもいないきっと。ダメ! (T∇T )( T∇T) ダメ!
という私の言葉もよそに「絶対向いてるから、1度やってみたら?」とおだてられ面接受けて働くこととなったのです。

入社してからわかったのですがその会社は通信のそのカテゴリーでは全国展開している大手なところでした。
テレビCMでもおなじみですね。

東京の練馬・杉並エリアの支社に配属しましたが何と営業マンが200名!
超巨大な営業組織です。

それにしても42歳にして生まれて初めての会社員?
今まで箸を持つ手にトランペットしか持ったことがない俺に務まるのだろうか。

・・・・

なんて、不安がよぎるような頭や神経も持ちあわせてませんでしたので、兎に角一心不乱の思い。(だったのかな??)

f:id:tp315:20171216190614p:plain

▶営業は数字・結果が全て

ということで、派遣社員でしたので3か月結果が出なければ4か月目には契約終了になります。(知らないで働いてましたo(〃^▽^〃)o
これも後で知ったのですが、結構基本給が良い上に営業成績がインセンティブで積み上げられます。

売る商品はインターネット回線と電話回線と多チャンネルの3つ。
当時パソコンなど触ったことも見たこともない私は知識ゼロ。

先輩に同行研修しトークを聞きますが詳しくて驚きました!
いや~、俺には無理だわ、全然ムリムリ~
絶対できない。

 

それでも何とか生き残り、半年が過ぎようとしていました。

 

f:id:tp315:20171216190815j:plain

私は幸せでした。


週休完全2日制でしたので休日は何事の心配なく、もちろんお金の心配も無い。
ノンビリと過ごし美味しいもの食べ、映画やコンサートを観て旅行の計画も妻とたてながら貯金もできました。

f:id:tp315:20171216191006p:plain

ここからの話が人生ラッキーな出来事3回目の本番です。

▶会社を辞め同ジャンルの競合他社へ就職

私の8年間のサラリーマン生活はこんなでした。
長くグダグダと話してても退屈です。時系列でいきましょう↓

1)この会社で半年後、営業マン12人を取りまとめるリーダーになりました。
リーダー手当、インセンティブなどで給料は70万ぐらいだったと思います。

2)2年後、正社員の話を頂きましたが諸々な事情が重なり、お断りし退社して同ジャンルの都内別会社へ就職。
課長職の待遇を頂き、熊本へ1年半出向したりしました。
3)この会社も2年で辞めました。
別のとある競合他社から運よく拾ってもらいました。
かっこよく言えばヘッドハンティングです。就業先は西東京支社でした。

営業部長の肩書をいただき年俸は基本給で1千万を超えていました。
(営業部長代行から代理に昇格?っていう経緯がありました。よくわかんない(*´ρ`*)
とても社長さんには良くしてもらい今でも感謝しています。


実は熊本の時の営業コンサルタントが東京からの外注の人でその方でした。
そういうご縁やいろんなラッキーが重なり私はなんとか乗り切っていきます。

f:id:tp315:20171216192344j:plain

▶でもラッキーはいつまでも続かない

3回もラッキーを経験するとそれは永遠に続くものでないことは自身で身に染みてわかっています。頭は生粋のバカでも歳だけは40も半ばですので。

この会社では3年連続での単局黒字、つまり営業目標数字が達成しています。
数字の貢献もでき、色々な経験もさせていただきました。

・今度は派遣社員を面接し教育する立場になったこと。
・朝礼とかで毎日しゃべらされること。

・議事録とか、資料とかメンドクセー(´○`; と思ってたら部下にやらせることを覚えたこと。
何でもかんでも支持してやらせればOKなんだー、なんて思っちゃったこと。
・会議が多くなった。
・出張も多くなった。
・苦手な書類作成・提出も山のよう・・

 

もうおわかりでしょう。
そろそろ飽きてきたんですね、自由人でバカな私の事ですから。。

もう一つ自分なりに思ったことがあります。
この会社で高卒は自分ひとりだけでした。
部下も、営業マンも皆立派な大学出ています。

ラッパしか経験のない、学歴も無ければ一般社会常識も無い、そんな自分のやり方は最初は珍しく面白く受け入れられたかもしれません。

実績も出しましたが、何しろ言ってることも報告もチンプンカンプン。
時がたつと、本当のバカな自分が露出し始めます。
メッキが段々と剥げてきたのです。

f:id:tp315:20171216192550j:plain

そろそろ潮時だと感じ始めました

この会社での4年間はとても楽しく、貴重な経験がたくさんできました。
良い上司、社長にも恵まれバカな俺をとことんカバーして頂いて感謝の言葉しかありません。

おかげさまで憧れの福岡に新築マンションを購入することもできました。
欲しかったスポーツカーも購入しました。
もちろんローンは組みましたよ。

え?なぜ福岡??

はい、そうなんです。
次回の話は会社も何もかも辞めて東京から福岡へ大移住!
そして4回目のラッキーな出来事の前には、お約束のどん底転落劇がまた々々々あります!もうあきたかな(=゚∇゚)

 

*1:^┰^

おいしい生き方-キノッポ編-
-もくじ-