おいしい生き方-キノッポ編-

絶体絶命の危機を3度奇跡的に乗り越え今度は直腸がん!しかしこれまたラッキーの始まり、はじまり~♪

生きててラッキーだったことを教えて③-(4)

こんにちはキノッポです。
今回3回目のラッキーな出来事その(4)では、いよいよこのシリーズの最終章に突入します。
しかし、実はまだまだこの先何が起こるのかわからない博打(バクチ)人生は続きますので、完結はするのかしないのか・・前回の記事はこちら↓

さて、今回もまたまた、いわゆる八方ふさがりな状況になりましたが少し深刻度が違います。
なにしろ月に100件を超える面接受け、時給620円の工場作業員のバイトですら面接落ちした経緯がある。

f:id:tp315:20180104175815j:plain

旗振り道路工事誘導警備員しか私に残された仕事はなかったという現実。
フルに働いて月15万になればいいとこです。
正直、夢も希望も見いだせない毎日、砂をかむような、針の筵(ムシロ)に立っているような生活です。

▶まだラッパに未練はあるのか??

今回は、音楽でまたなんかやろうという気持ちはさらさら起きません。
ここ、福岡でラッパ吹いて生活できるような土壌も文化も無いことは暫く活動して良くわかりました。

そのへんが、やはり3大都市に漏れる都市の狭さなんでしょうか。
名古屋でも大阪でも、プロのブラスプレイヤーは存在する。
存在するということは勿論、仕事の受け皿・土壌もあるということ。

でも、それ以前の問題で音楽で飯を食っていこうとは金輪際思わないですね。
俺には向いてない、無理だ。違う道を目指す。

そう決意しました。今度こそは(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

あ、でもトランペット吹くのをやめたわけではありません。
趣味としてはまた機会があれば吹きたい。
そんな風には思っています。

実は、けっこう真剣に悪あがきしたんですよ。
半年間は真剣に。
メンツ集めてライブ三昧。
できるとこまで一生懸命練習して、スタジオ借りて、ライブハウスで演奏。

最後だと思って24時間音楽脳に追い込み、思いを費やした。
それでダメだったんです。
自分に幻滅してしまったんですよ、あまりにもへたくそで。
それはもうスッパリと諦められました!

f:id:tp315:20180104181322j:plain

話が前後しますが音楽に関しては最終的には(現在も)そんな感じです。
社会人バンドで拭いたり、NPO作ってストリートブラスバンドを立ち上げようとか、もがいたけど。

社会貢献の手段がなんか違う?
ラッパ吹く手ごたえが、そもそも感覚とずれすぎて(世間とも?)違う。

そんな、いろいろやってはきたんですけどね。
そんな時です。
ある一本のメールがテレビ局からきたんです。

今度は一本の電話ならず、メールが運命を変える♪(* ̄ー ̄)v

時代もネットへと変わってきましたねぇ。。。

▶会社を立ち上げる!そのきっかけとは?

福岡移住してきてから、妻と二人で趣味ブログやホームページをシコシコ作ってたんです。全て無料で。広告張ったりもしました。
少しでもお小遣い稼ぎできれば、なんて思ってたぐらいでしたので。

妻は、東京のころから趣味で作っていたちょっと変わったオリジナルの小物が数点たまってたので、それをサイトにアップしてました。
売る気はなかったのでシャレで値段も付けていたぐらい。

その商品にテレビ局が食いついてきたのです!
それも朝のとある人気番組で紹介される段取りになりました。
福岡の地元ではお馴染みの番組、タレントさんが取材に来るということに。
枠も結構ありました、後で放映をみたら5~6分ぐらいでした。

チャンスです!

私は迷うことなく、会社を立ち上げホームページを作成。
カートを設置し、通販システムを構築しました。
肝心かなめの商品は、私も手伝いある程度在庫を確保。

その間1ヶ月ぐらいだったと思います。
年末にメールが来て、ディレクターと打ち合わせ、取材までの時間で全て行動を起こし準備をしたのです。
お金がないので、会社立ち上げ手続きは全部自分でやりましたヨ。

結構大変でしたが(株)は一人で法務局手続きをし認可されました!

 

f:id:tp315:20180104185251p:plain

バカな俺でもできたので誰でもできます。
司法書士などに依頼するより何十万も経費が節約できます。

▶テレビ放映当日は大変なことに…

先ほど書きましたが、放映内容はかなりしっかりやって頂き、宣伝効果はバツグンでした。驚くほどに・・

商品の放送が終わらないうちからカートが壊れたのかと思うぐらい注文が殺到しました。その日の夜中まで止りません。
結局その後も勢いは落ち着いたものの、3日間ぐらいは注文が止まりませんでした。

これがテレビのチカラか・・w( ̄△ ̄;)w

いやぁ、すさまじかったです。
そして、その放送をきっかけにテレビ局各社から取材を受けることになります。

1本は全国ネット大手の放送局。
ファンも増えていき、少しだけ認知されていきます。嬉しかったなぁ♪
少し特殊な素材なので縫製工場を探すのに苦労しましたがなんとか、近場に確保できラッキーでした。

サイズとカラー、素材のバリエーションも増やし客層も広げました。
政策金融公庫から融資も受け(300万円)られて会計事務所とも契約。
新商品も開発し、また取材を受けてテレビ放映されるとバカスカ売れます。

順風満帆のように思えました。
この時はまだ。

▶ラッキーは続かない、またもや

え、ダメなの

また??o(*'o'*)o

f:id:tp315:20180104193146j:plain

そうなんです。
会社を休止する危機に陥ってしまいます。

次回はそんな教訓を生かした、”しくじり先生”の「商売でこれをやってはいけない3つの鉄則!」をお届けします。

いったい、キノッポは順調に見えたネット通販の事業をナゼ潰してしまったのか。
これから起業する方必見です!!

 

おいしい生き方-キノッポ編-
-もくじ-