おいしい生き方-キノッポ編-

絶体絶命の危機を3度奇跡的に乗り越え今度は直腸がん!しかしこれまたラッキーの始まり、はじまり~♪

生きててラッキーだったことを教えて③-(5)

こんにちはキノッポです。 
なんだかこの章もダラダラと長くなってしまいました。
いい加減終わらせたいのですが、想い出してるうちにラッキーだった出来事の要素々をハショルことが中々できず。(伝えたい大事なポイントに絞りました)

ぐずらグズラしてしまってます。反省です。ハイm(-_-)m スマヌ
軌道に乗りかけたネット通販の仕事はいっけんラッキーな出来事に見えますが、これは実は違うんですよ。

次に来る波が4回目の本チャンラッキーな出来事になります。そしてそれは現在も続いている仕事です。前回の記事はこちら↓

 でも、折角ですからこのオリジナルグッズ小物の通販事業が失敗した原因を振り返りましょう。そして、こんなアホ男の二の舞にならないようにしましょうね(´⊆`*)ゞテヘヘ

これから事業を考えてる人、雇われが嫌で会社辞めて起業を考えている人などの参考に少しでもなれば幸いです。

f:id:tp315:20180105192736j:plain

▶どこでつまづいた?何が悪かった?この事業

会社を立ち上げたタイミングも悪くなかったと思います。
(すべて自分で手続きを完了させたので経費もかからなかった)
テレビ局からの反響もそれぞれラッキーだった。
ここで、そこそこ稼ぐことができましたし。

妻のオリジナル商品のアイデアも悪くなかった。
特許も申請し認可したし(現在では有効期限切れ。これも更新料がバカにならないのです)

政策金融公庫から300万円借入がスムーズにいき、これも順調。
特殊素材なのにも関わらず、良い縫製工場さんと取引ができたのも嬉しかった。

では何が悪かったの?

ってことだよね∑o(*'o'*)oグズグズ言ってんなよ。。

事業は中期・長期的に売り上げが安定しないとダメだ、ってことなんですよ。
1,2か月や半年、1~2年良くてもダメ。全然ダメですー!

5年~10年で起業した会社がどれだけ潰れてるか知ってますか?
70%以上がつぶれるか、業務悪化で停止状態という現実(確かヾ(  ̄▽)ゞ)

f:id:tp315:20180105203959j:plain

▶商売でこれをやってはいけない3つの鉄則!

なにしろ、私が言うことなんで「へ~。。。ヾ(-д-;)」ぐらいの気持ちで聞いていただければよろしいかと。
しかし、身をもって体験・学習してきたことでもあります。ちょびっとは参考になるかもよ^^

妻と二人だけの(株)なので余計に気が緩みがちなのもいけなかった。
これが従業員数名でも雇ってた日にゃ目も当てられませんよ!
ドラマ「陸王」のように大変ですよ~マジに。

まず第一に「マインド」
これ、私の大っ嫌いな分野です。言葉です。だって、胡散臭い人たちが口揃えてみんな言うし。
でも、ここが土壌。ビジネスにおいて一番大切な骨組みの部分となるのは事実です。
(私も最近ようやくわかったんです(;^ω^A)

仕事に対するマインドはできてる?

「事業計画」って立てますよね。
人に見せるための外部用のモノじゃなくホントの自社の事業計画ですよ。
年間から3か年~5か年まで立てる。
できないことを書いてもそれはただの目標で終わり未達に必ずなります。

売上(月間)目標からデイリーにしなければいけない行動を掘り起こす。
毎日の積み重ねが大きな実績となっていくので当然サボれませんし楽でもないはずです。

f:id:tp315:20180105204132j:plain

半月経って、目標の50%行ってなければ計画を修正しなければなりません。
・行動したか
・営業したか、その営業施策は問題ないか間違ってないのか
・努力せず、分析もしないで遊んでなかったか
・作業進捗は遅れてないのか

などなど、詳細に見直しをかけなければなりません。
売上が目標以上に伸びていてもその原因を把握していなければ次につなげません。

 

色々メンドクサイですね。。

 

でも、会社、事業に高利益をもたらすためにはここで強いマインドが改めて必須とされます。
どんなマインド?

・決してあきらめない強い気持ち
・常にアグレッシブで攻めポジティブに生きること
・お金も設けてタワーマンション住んで高いとこから世間を見下ろしてやるんだ!!( ̄へ  ̄ 凸

 どれも間違いとは言い切れませんが、肝心かなめのコトが抜けてるという意味では間違いです。

 

それは

 

「人の役に立つことに真摯に取り組む」

ということです。

このマインドを最初に覚悟をキメて貫き通すことこそが安定したビジネスを継続させる唯一のポイントだと私は思っています。

売るけど感謝もされる。
商売はfifty-fifty(フィティフィティ)。
お客が何を望み、どうしてほしいのか。

そこに注力して事業に専念していけば、おのずと企業ポリシーはできてきます。
信頼もファンも付いてきます。

このマインドができていなければ商売の入り口に入ってはいけません。
私がやってきた事業にはこのマインドが追い付いていきませんでした。
それが失敗の大きな要因の一つです。

f:id:tp315:20180106101558j:plain

お金は大事!でもその心は?

 事業資金はとても大事ですよね。
売り上げ規模により必要経費・資金も変わってくるでしょう。
1億売り上げたければいくら必要でしょうか?

私は少なくとも3000万円~は必要だと思います。
これは運転資金も含めて。
純粋な事業投資ですから生活費は含みませんよ。

ここダイジなとこです。
300万円ぐらい借り入れたところで、余裕なんてないということです。
設備投資、ビジネス投資はケチってはいけません。

あ、利益率とか原価率とかの細かい話はここではしません。
そもそも、仕入れや在庫が生じる商品を取り扱ってはダメ!というのが失敗した私の結論でもあります(あくまで私の持論です)。

では、何をやれば良いの?
という疑問に関しては後程、別の記事に書いていきたいと思います。
(新しい事業は今現在3年以上取り組み、成果を上げています。)

と言うことで、商売でやってはいけないこと2つ目はお金の使い方。
ビジネス投資をケチってその分余分な贅沢に使うなどとんでもないハナシ!
既にそのマインド自体が崩壊しています。私はせっかく融資してもらったお金もムダに生活費につぎ込んでいました。

f:id:tp315:20180106130622j:plain

起業前にリスクマネジメントを徹底しろ

皆それぞれ何らかの理由があっての起業だと思います。
雇われの身はイヤだ、もしくは自分のようにどこも雇ってくれない、もっと大きく稼ぎたい、自由に楽しく仕事したい、~など々様々な理由があったと思います。

いずれにしても自分の意志で起業するからには事業の手ごたえを納得した上で取り組むわけです。嫌いなことでなく好きなことをやる!という意識ですよね?

 

とは言っても、例え大好きな仕事であっても全身全霊を注ぎ続ける、気持ちを維持し続けるのは中々至難の業ですよね。

私も妻もモチベーションが持続せず、気持ちが切れてしまった。
元々、妻の趣味のオリジナルグッズを何とか売り込もうと、藁をもすがる思いで会社を立ち上げたのが動機です。

二人ともビジネスにかける強い想い=マインドが圧倒的に足りてなかった。
商品に対しても、お客に対しても、営業戦略的にも甘々だったという結果です。
簡単にいえば「企業努力が足りなかった」ということになりますね。

振り返れば、ダメなところはたくさんありますがスタート時点で見切り発車過ぎた失敗は一番大きいところ。

・蓋を開けてみれば原価率高く利益率悪すぎ
・特殊素材ゆえのリスク、デメリットを解決できないまま販売
・運転資金の運用の甘さ、ビジネス投資の下手さ

上げればきりがないのですが、テレビ取材を多数受けた後のアクションもまずかった。
放映あれば反響があるのは当たり前。そんなものは3日ぐらいで枯れてしまいます。
もっと積極的に商品アピールをアウトプット(営業)しなければいけなかった。

f:id:tp315:20180106123213j:plain

まとめます。

 

これは偶然にも「ホリエモンの起業四か条」がドンピシャ当てはまります。
あれから今の事業に切り替えて4期目ですが去年この四か条のことを知りました。

利益率の高い商売
在庫を持たない商売
定期的に一定額の収入が入ってくる商売
資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

この4つに私の上記の事業の失敗と現在の事業の成功(いまのところ)要因が全て入っています。これ以下でも以上でもありません。

ちなみにホリエモンが大好きなわけでも心酔してるワケでもありませんヨ。
以前の私のビジネスの失敗要因4つがまぎれもなくこれだったのでびっくりしましたo(*'o'*)o 

 

そして、この起業四か条をクリアしている今現在の事業は・・
次回に詳しく話そうと思います。

 

f:id:tp315:20180106131215j:plain

 <次の記事>


 

おいしい生き方-キノッポ編-
-もくじ-